おかの仏像制作所


 合掌弁才天さま

          
弁才天   ヒンドゥー教の神様でサラスバティ河を神格化したもので、水の神様です。水辺にお堂が建てられます。仏教にとり入れられ音楽・弁舌・学問・財福・戦闘の利益があります。 二臂像は琵琶を持ち、八臂像は剣・弓・矢・戟・宝珠・法輪・鍵・宝棒などをもち頭に宇賀神をのせ宇賀弁財天と呼ばれます。梵天の妃とされる。眷族には十五童子があり、善財童子を加えることもある。近江の竹生島、相模の江の島、安芸の厳島を三弁天といわれ信仰されています。弁財天と記すこともある。
 大きさ  総高:9cm
幅:4.5cm
奥行き:3cm
 
 戻る