おかの仏像制作所

 
毘沙門天立像
(びしゃもんてんりゅうぞう)


       
 毘沙門天立像  四方(東南西北)を守護する四天王の一神です、武神のお姿で北方守護を司る天部です。(多聞天の別称)
七福神の中の財宝の神様としても信仰されています。

写真のお姿は、鞍馬式毘沙門天で、京都の大覚寺にお祀りされているお像を参考に彫りました、邪鬼はオリジナルで本式は二体の邪鬼を踏みつけています。
      
 大きさ  像高:約35cm
 材質  クスノキ

トップページに戻る
仏像彫刻に戻る